ブレトン・ウッズ体制(ブレトン・ウッズタイセイ)

1944年7月、米国ニューハンプシャー州ブレトン・ウッズにて、連合国44ヶ国による第二次世界大戦後の国際通貨体制に関する会議が開かれ、国際通貨基金 (IMF)協定などが結ばれ、国際通貨制度の再構築や、安定した為替レートに基づいた自由貿易に関する取り決めが行われた。その後その体制は約25年続き、これを地名をとって「ブレトン・ウッズ体制」という。

オクトFXで外為投資 by 三京証券
業界最高水準のスワップ金利、100%の信託保全、高機能のトレードツール、24時間対応のクイック入金サービス(無料)の三京証券オクトFXはおすすめです。