不胎化介入(フタイカカイニュウ)

国内金融市場へのべースマネーの影響を中立にするような、資金操作を伴う介入のこと。日銀は適切な物価水準と順調な経済活動を維持するために資金供給を日々調節している。そこに市場介入によりベースマネーが変化すると、金融政策に支障が出る場合がある。そこで、市場介入が金融市場に与える影響をニュートラルにするため、日銀は資金操作を行う。

オクトFXで外為投資 by 三京証券
業界最高水準のスワップ金利、100%の信託保全、高機能のトレードツール、24時間対応のクイック入金サービス(無料)の三京証券オクトFXはおすすめです。