物色証券(ブッショクショウケン)

「株式も物である」という考え方で株式を見ること。戦後の悪性インフレによる通貨価値の下落で広まった、おカネを物に換える換物思想の流れ。会社が解散する際に残余財産の分配を受ける権利がある、またはインフレで資産の含みがふえれば、1株当たりの株主の実質的な持ち分もふえるといったことが考え方の根底にある。

オクトFXで外為投資 by 三京証券
業界最高水準のスワップ金利、100%の信託保全、高機能のトレードツール、24時間対応のクイック入金サービス(無料)の三京証券オクトFXはおすすめです。