米加自由貿易協定(ベイカジユウボウエキキョウテイ)

アメリカとカナダの二国間協定。関税の撤廃や輸入制限措置の改善、サービス貿易、二国間紛争処理手続きの規定などを主な内容とする。アメリカとカナダは強い経済的結びつきを持っているが、1984年に政権に就いたマルルーニ加首相は両国関係の一層の緊密化と貿易の自由化を通じて国内経済を活性化することを政策に掲げ、1985年、当時のレーガン米大統領に対して自由貿易協定交渉を申し入れた。レーガンはこれに応じ、1988年1月2日に調印,1989年1月1日から発効した。

オクトFXで外為投資 by 三京証券
業界最高水準のスワップ金利、100%の信託保全、高機能のトレードツール、24時間対応のクイック入金サービス(無料)の三京証券オクトFXはおすすめです。