法人擬制説(ホウジンギセイセツ)

擬制とは、本質の異なるものを法律上同一視すること。法人擬制説とは会社は法律が自然人であるかのように擬制したことによって存在するという考え方。つまり会社を個人の集合体であるという考え方である。これに対して、法人は構成員である個人とは別個の独立した人格者という考え方を法人実在説といい、このどちらの立場をとるかによって、株式の課税に対する考え方が違ってくる。

オクトFXで外為投資 by 三京証券
業界最高水準のスワップ金利、100%の信託保全、高機能のトレードツール、24時間対応のクイック入金サービス(無料)の三京証券オクトFXはおすすめです。