介入資金リスク(カイニュウシキンリスク)

外国為替資金特別会計には為替レートリスクがあり、ドル/円のレートが下がれば、米国債とドル預金の為替差損が生じる。また、金利リスクもあり、米国債やドル預金での運用収入よりも円資金の調達コストが大きくなれば、金利収益はマイナスになる。さらに、3か月で資金調達して、10年(米国債)で運用しているので、資金フローはミスマッチとなり、資金調達リスクがある。

スワップの引き出し FX会社一覧
高金利通貨のポジションを保有したまま、貯まったスワップ金利を引き出せないかな? そう考えているあなたへ、未決済のままの出金が可能な業者をランキング形式でご紹介。