株式持ち合い(カブシキモチアイ)

金融機関や事業会社などの会社同士が互いに株式を持ち合うこと。企業集団内の企業同士や取引のある企業同士が経営や取引関係の安定化を図る目的で行ってきたが、90年代に入ると、業績不振やリストラ費用捻出のために持ち合い株を売却する動きが強まった。以降、資金調達の多様化や取引関係の変化、保有資産の見直し、さらには時価主義会計の導入を背景に、株式保有リスクを高まっている。

スワップの引き出し FX会社一覧
高金利通貨のポジションを保有したまま、貯まったスワップ金利を引き出せないかな? そう考えているあなたへ、未決済のままの出金が可能な業者をランキング形式でご紹介。