持株会社(モチカブカイシャ)

他の会社を支配するためにその会社の株式を持つことを目的とする会社。株式保有による企業支配だけを業務としている会社を「純粋持ち株会社」、事業活動を行いながら株式による企業支配を行うのを「事業兼営持ち株会社」という。1997年に改正独禁法が成立し、持ち株会社の設立解禁され、99年に大和証券が上場企業として初めて持ち株会社化した。持ち株会社形式の方が機動的なグループ運営を行え、事業部門の分離や統合や新規事業への参入も容易といったメリットがあり、大企業も持ち株会社の設立を検討している。

外貨両替がお得!手数料最安の方法
海外旅行の前に外貨両替しなきゃ。・・・え!?銀行の手数料ってこんなに高いの!?そんなあなたに、手数料が劇的に安くなる素敵な方法をお伝えします。