時価主義会計(ジカシュギカイケイ)

資産をその時々の市場価格あるいは実勢価格で評価し、決算書を作成しようという会計方針。日本は従来、取得時の価格で計算する取得原価主義会計を基本としてきたが、金融商品に時価主義会計を採用することになり、現預金や特定金銭信託、ファンドトラスト、有価証券、デリバティブなどは時価で損益計上しなければならなくなった。貸付金も元利の回収可能性に基づいて評価し、貸倒引当金を計上することが義務づけられる。

スワップの引き出し FX会社一覧
高金利通貨のポジションを保有したまま、貯まったスワップ金利を引き出せないかな? そう考えているあなたへ、未決済のままの出金が可能な業者をランキング形式でご紹介。