準拠法(ジュンキョホウ)

貿易取引契約の解釈や効力を最終的に律する法律のこと。貿易取引の売買当事者は、それぞれの異なる国内法に基づいて商活動を行っており、その取引契約から生じる問題や紛争を解決するための判断は、当事者どちらの国の法律に依存する、もしくは第三国の法律に依るものとなる。そこで売買当事者はできるだけ自国の法律を準拠法として定める傾向にある。

スワップの引き出し FX会社一覧
高金利通貨のポジションを保有したまま、貯まったスワップ金利を引き出せないかな? そう考えているあなたへ、未決済のままの出金が可能な業者をランキング形式でご紹介。