税効果会計(ゼイコウカカイケイ)

企業が決算書を作成する際、法人税などの税額についてその決算期に支払うべき税額がいくらになるのかを計算して計上する方法。その期の業績を正確に示すために用いられるもので、実際の納税額が支払うべき税額より多い部分は繰り延べ税金資産として貸借対照表に計上する。2000年3月期からはすべての企業に税効果会計の採用が義務づけられた。

スワップの引き出し FX会社一覧
高金利通貨のポジションを保有したまま、貯まったスワップ金利を引き出せないかな? そう考えているあなたへ、未決済のままの出金が可能な業者をランキング形式でご紹介。