単位株制度(タンイカブセイド)

1982年10月1日に施行された新商法のもとで導入された、株券を原則として額面合計が5万円になるようまとめてしまう制度。上場企業はすべてこの制度の採用を義務づけられ、株式制度は単位株を中心とした制度に移行。しかし2001年10月施行の改正商法でこの制度は廃止され、単元株制度へ全面移行した。

オクトFXで外為投資 by 三京証券
業界最高水準のスワップ金利、100%の信託保全、高機能のトレードツール、24時間対応のクイック入金サービス(無料)の三京証券オクトFXはおすすめです。