単元株制度(タンゲンカブセイド)

銘柄ごとに決められている最低売買単位のことを単元株と言い、株式を単元株の整数倍ごとに売買する制度を単元株制度という。企業に売買単位の引き下げを促し、個人投資家層を拡大することを目的としている。1単元を1000株とする企業の株価が500円の場合、企業が1単元を500株に引き下げれば,この銘柄を購入するのに必要な最低金額は従来の50万円から25万円に減少する。議決権は単元株ごとに与えられる。

オクトFXで外為投資 by 三京証券
業界最高水準のスワップ金利、100%の信託保全、高機能のトレードツール、24時間対応のクイック入金サービス(無料)の三京証券オクトFXはおすすめです。