中間発行増資(チュウカンハッコウゾウシ)

株主割当増資のひとつ。発行価格は時価の半分以下または1株当たり純資産の範囲内。時価発行は投資家の負担が大きく、額面割当増資は企業の資金コストが高くつくため、両者の中間を取る増資手法として使われた。2001年10月の商法改正で額面株式が廃止されたのに伴い実質的にはなくなった。

オクトFXで外為投資 by 三京証券
業界最高水準のスワップ金利、100%の信託保全、高機能のトレードツール、24時間対応のクイック入金サービス(無料)の三京証券オクトFXはおすすめです。