通貨の中心(ツウカノチュウシン)

第二次大戦後の国際通貨体制において、米国は一定のレートでドルと金との交換を各国に保障した。しかし1971年のニクソン・ショックで、米国がドルと金との交換を止めることで、この体制は崩壊した。その後先進諸国は変動相場制を採用したが、経済、軍事超大国米国という国の信用がドル価値を支え、ドルは国際通貨として利用された。現在でも、国際取引の決済に便われる通貨はドルが圧倒的に多く、産油国が原油を輸出する場合も決済はドルである。

オクトFXで外為投資 by 三京証券
業界最高水準のスワップ金利、100%の信託保全、高機能のトレードツール、24時間対応のクイック入金サービス(無料)の三京証券オクトFXはおすすめです。