ワラント債(ワラントサイ)

ある社債発行企業の新株を一定の行使価格で、社債券面に応じた一定の付与率の額だけ引き受ける権利がついた社債のこと。新株予約権というメリットがついている分だけ、金利が普通社債より低く設定される。日本では1981年の商法改正でワラント債発行が認められた。その後2002年の商法改正で、従来の非分離型ワラント債を新株予約権付社債と呼ぶことになり、分離型は新株予約権付社債の範晴から外れた。

アプローズFXに口座開設しよう
スプレッドが米ドル円で固定0.8銭!欧州ユーロ円や英ポンド円も固定、豪ドル円も激安。短期トレードなら断然、株式会社フォレックス・トレードのアプローズFX。